特集

バンコクでイタリアを味わい尽くす!イタリア各地の美食が味わえる厳選9店!

イタリア人いわく「イタリアに郷土料理はあってもイタリア料理はない」。
今月のバンめし特集は美食の都として知られる各地の代表料理をご紹介。
バンコクにいながらにしてイタリアを美食旅行を味わうことのできる、9店舗を厳選紹介いたします!

Italian-Map
  1. ピエモンテ州 Piemonte Torino:La Bottega di Luca
  2. ロンバルディア州 Lombardia Milano:Galleria Milano Restaurant
  3. ヴェネト州 Veneto Venezia:Gianni Ristorante
  4. エミリア-ロマーニャ州 Emilia-Romagna Bologna:Sole Mio
  5. トスカーナ州 Toscana San Vincenzo:Luce
  6. アブルッツオ州 Abruzzo Liscia:Medici Kitchen & Wine Bar
  7. カンパニア州 Campania Amalfi:Amalfi Bistro
  8. プーリア州 Puglia Puglia:La Scala
  9. サルディーニャ州 Sardinia Cagliari:Crostini

La Bottega di Luca

ピエモンテ州 Piemonte Torino

山の幸に恵まれ、ポルチーニ茸 や白トリュフなどの高級食材あり、ゴルゴンゾーラやトゥーマというチーズも美味。名物パスタは卵黄がたっぷりの極細麺「タヤリン」、柔らかな食感の「ラビオリ」も愛されている。

01 フンギポルチーニとトリュフクリームのラビオリピエモンテ風(520B)
04

緻密な素材使い味わいはダイナミック!

実家はピエモンテ地方でワイナリーを営むというシェフ、ルカ氏はピエモンテ州トリノの出身。タイのセレブたちにも愛されている同店で彼がクリエイトする料理は、美食の都として名高い郷土の味を大切にしながらも、斬新で柔軟な発想を取り入れた品々。たとえばポルチーニのクリームソースには日本の椎茸を使って濃厚な旨味と香りをプラス。大人気のボンゴレは大粒のアサリと白ワインのソースが絶妙のハーモニーを奏でる。タリオリーニや太 麺 パッパルデッレなど乾麺もすべて手作りだ。「良い素材はそれだけで十分に美しい」と言う。 テーブルの上にはグリッシーニが添えられ、まずは軽くつまみながら会話 を楽しむのもピエモンテの流儀だ。
02 ブラッタチーズとプロシュート ディパルマのアンティパスト (350g 1,450B) 03
La Bottega di Luca
TEL:02-204-1731
住所:2F Terrace 49 Bldg., Soi 49, Sukhumvit Rd.
ラ ボッテガの店舗詳細

Galleria Milano Restaurant

ロンバルディア州 Lombardia Milano

カツレツ、サフランリゾットなど黄金色の料理が好まれ、お金持ちが多い都市・ミラノに比喩される。トルテッリ(詰め物をしたパスタ)、米を少し加えた「ミネストローネ・アッラ・ミラネーゼ」などが有名

BangMeshi_11_p.1-15.indd そら豆とペッコリーノを使った「スパゲッティカシオ エペッペ」(290B)
04

本場ミラノにワープする才気あふれる彩りパスタ

ミラノのシンボル「ガッレリア・ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世」を彷彿させる優雅な店内。ミラノ出身のオーナーが「本場の味と雰囲気をバンコクで」と2015年5月にオープンした。同店で腕を振るうアルマンドシェフが自信を持って薦めるのは、色鮮やかなそら豆とペッコリーノチーズに黒コショウを効かせた“カシオ エ ペッペ”。アルデンテに茹で上がったパスタとそら豆、そしてそら豆のピューレとの食感の調和が秀逸だ。またミラノ料理といえばトリッパ(牛の第二の胃=ハ チノス)の煮込みやミラノ風リゾットと称され るサフランリゾットを添えたオッソブーコも外せない。いずれも麗しい色彩と食材の力強さに、ミラネーゼの独創が光る。
BangMeshi_11_p.1-15.indd 「仔牛のオッソブーコミラノ風サフランリゾット添え」(620B) BangMeshi_11_p.1-15.indd
Galleria Milano Restaurant
TEL:02-663-4988
住所:Mille Malle, Soi 20, Sukhumvit Rd.
ガッレリア・ミラノ・レストランの店舗詳細

Gianni Ristorante

ヴェネト州 Veneto Venezia

アドリア海から捕れる様々な魚介を使った料理が中心。Bigoli (ビーゴリ)という押出形成のチューブ 型パスタが有名で、カモ肉やイワシのラグーなどと和えて調理するのが一般的。マスカルポーネを使ったティラミスはヴェネト発祥という説も。

01 自家製ラビオリによる「Ravioli Neri all’Aragosta」(590B) イカ墨のラビオリ・ロブスターとサフランソース添え
04

料理への情熱と包容力帝王のパスタを味わい尽くす

1996年に店を開いたイタリア料理の老舗リストランテはタイ王室御用達の店としても知られる実力派だ。ヴェネツィア出身のシェフ、ジャンニ氏が大切にするのは「素材の良さ。そして料理への情熱」。食材の多くをイタリアから取り寄せている中で、乾麺は黄金のパスタと称賛されるヴェリーニ社のパスタを使用。理想的な食感と際立つ風味が食通を唸らせる。今回紹介してくれたのはイカ墨を練り込んだ人気の自家製ラビオリ。サフランソースと絡み合い、プリッとした独特の歯応えがたまらない。
すでに25年バンコクに暮らす同氏だが本場の味を丁寧に継承し、モダン スタイルへと昇華させ続けて来た。店内は開放的で温もりにあふれ、常連客もそうでない人も優しく包み込む包容力が感じられる。イタリアの食文化が持つ、優美で色香に満ちた美学を味 わえる一軒だ。
02 色鮮やかな「Risi & Bisi con Capesante」( 490B ) グリーンピースのリゾットの焼ホタテのせ 03
Gianni Ristorante
TEL:02-252-1619, 02-652-2922
住所:34/1 Soi Tonson, Ploenchit Rd.
ジャンニ リストランテの店舗詳細

Sole Mio

エミリア-ロマーニャ州 Emilia-Romagna Bologna

畜産業が盛んでパルミジャーノ・レッジャーノなどの高級チーズの一大産地。トマトとひき肉ベースのボロネーゼソース、ベシャメルやチーズなどをパスタの層に挟んで焼き上げるラザーニャは代表的な郷土料理。

01 Fettuccine Ragout Bolognese (320B) はトマトソースを長時間煮込んた奥深い味わい
04

究極のボロネーゼを活気あふれる店で楽しむ

アットホームな雰囲気の中で本格的な味を楽しめる「ソレミオ」は、本国同様の質の高い料理とサービスを提供する店のみに与えられるホスピタリティ国際認証マーク「OspitalitàItaliana」をイタリア政府より授与されたお墨付きリストランテだ。シェフのドミニコ氏の故 郷 、ボローニャの代表的なパスタといえば“ボロネーゼ”。同店では正真正銘の正統派ボロネーゼが堪能できる。
牛肉・豚肉に多数の香味野菜を加え、トマトペーストとブイヨンなどでじっくり煮込む。和えるパスタは平打ち麺・タリアテッレが定番だ。モチっとした食 感が濃厚なボロネーゼソースと絶妙に絡み合う。もう一つのお薦めがラザーニャ。ベシャメルやトマトソース、そして地元産のパルミジャーノ・レッジャーノをたっぷり使ったクリーミーな味わいだ。 「伝統の味を堪能できるタイで唯一の店」と笑顔で語るドミニコ氏のスぺシャリテを堪能してほしい。
02 Lasagna classic (320B) はとろりとしたクリーミーな美味しさが後を引く 03
Sole Mio
TEL:02-185-2199
住所:387/15-16 Soi Thong Lo 21, Sukhumvit 55 Rd.
ソレミオの店舗詳細

Luce

トスカーナ州 Toscana San Vincenzo

世界的に有名なワインやオリーブオイルの産地でもある。数多くの食材が DOP(保護指定原産地表示)食品に認定されている。「pich(ピーチ)」と呼ばれる日本のうどんのような太めの手打ちパスタはラグ―ソースと好相性。

01 ピーチのパスタ鴨のラグ―「Pici with Duck Ragu」(520B)
04

トスカーナ料理が誘う洗練と温もりの食卓

BTS スラサック駅直結のホテル、イースティン・グランド・サートーンにある「ルーチェ」。光が差し込む明るい店内で出迎えてくれたエドワードシェフは郷土料理をこう語る。「素朴でしっかりとした味付けの料理が多く、逆にパンには塩を加えません。またトスカーナ産のオリーブオイルもピリッと辛く力強いのが特徴」。一方パスタで有名なのが粉と水と塩で作る太めの生麺“PICI(ピーチ)”。日本のうどんのようにもちっとした食感で小麦粉の風味をダイレクトに味わえる。ピーチを使った本場のパスタは鴨肉などのラグ―と和えるのだとか。ボリューム感があるがどこか懐かく日本人の嗜好に合う。モダンな中にも地域の食材と伝統を尊ぶトスカーナの神髄を堪能できる名店だ。
02 タコをトマトソースでじっくりと煮た「Octopus alla Diavola」(650B) 03
Luce
TEL:02-210-8100
住所:14F Eastin Grand Sathorn, 33/1 Sathorn Tai Rd.
ルーチェの店舗詳細

Medici Kitchen & Wine Bar

アブルッツオ州 Abruzzo Liscia

弦を張った器具の上で麺をカットする 「キタッラ」(ギターの意)が名物。和えるソースはトマトをベースにラムなどを加えて煮込んだラグー。有名パスタメーカー「ヴェリーニ」「デ・ルーカ」の工場があることでも知られている。

01 Spaghetti alla chitarra al ragu’ d’agnello e carciofi croccanti (630B) カリッとソテーしたアーティチョークがアクセント
04

もう一度訪ねたいと思わせる〝深化形〟リストランテ

もっとも平均予約率が高いことでも知られている一軒。重厚でクラシカルな店内はメディチという名にふさわしく、 格式と趣を漂わせている。同店のシェフ・ニコリーノ氏は、アドリア海に面したアブルッツォ州、リスチアの出身。今回は故郷の名物、キタッラ(ギター)という麺で作る郷土料理を紹介してくれ た。卵黄をたっぷり使った手打ち麺・キタッラをラムのラグーと和えた“アブルッツォ風スパゲッティ”。麺は口の中で驚くほどの躍動感を持ち、シコシコとしながらソースの旨みを包み込む。サラミや黒トリュフのペーストを加えることで味と香りに一段と深みが加わる。食材を吟味厳選し、細心の注意をはらいながら一皿ずつ丁寧に仕上げる料理は日々深化形。スイス 、フランスなど世界の一流ホテルで経験を積み、昨年バンコクへと招かれたシェフ。ここには、また訪ねたいと繰り返し思わせる魅力がある。
02 Filetto alla Rossini (1,490B) フォアグラと黒トリュフをのせた贅沢なステーキ 03
Medici Kitchen & Wine Bar
TEL:02-630-4000
住所:LF Hotel Muse Bangkok, 55/555 Langsuan Rd.
メディチ・キッチン&ワインバーの店舗詳細

Amalfi Bistro

カンパニア州 Campania Amalfi

やや長めのサン・マルツァーノ種のトマトはソースやピューレ作りに欠かせない。パスタはタリオリーニ、ペンネなどがよく使われる。またロングパスタを使った「プッタネスカ」は“娼婦風”と呼ばれ日本でも人気。食後酒リモンチェッロの生産地。

01 ロックロブスターの自家製タリオリーニ「Tagliolini all’ Astice 」(390B) 手打ちパスタに新鮮な食材を巧みに加え、香りと食感豊かな一皿が完成
04

シンプルな一皿に活きた芳醇なアロマが心をつかむ

“世界一美しい海岸”と称賛されるアマルフィは、イタリア屈指の高級リゾート地。オーナーシェフ、マリオ氏の故郷だ。同氏イチオシの南イタリアの料理 は、肉厚で香り高いきのこ、ポルトベッロとたっぷりのルッコラにパルミジャーノ・レッジャーノをトッピングしたサラダ。またパスタはブロックロブスターとズッキーニやトマトを使ったタリオリーニ。素材使いも仕上がりもいたってシンプル。だが実は、エビの殻から丁寧 に取ったスープストックをパスタソースの隠し味に活かすなど、料理の裏では実に繊細な仕事がなされている。それゆえサラダもパスタも驚くほどフレッ シュなアロマを感じる格別な味わいだ。「一つひとつのプロセスには手を抜かず最終型はシンプルに。南イタリアの豊かな食文化をストレートに伝えたい」と話す。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA イタリア産のきのこ、ポルトベッロのサラダ (490B) 03
Amalfi Bistro
TEL:02-712-7817, 088-956-5169
住所:58 Sukhumvit 53 Rd.
アマルフィ・ビストロの店舗詳細

La Scala

プーリア州 Puglia Puglia

オリーブやオリーブオイルが秀逸。広大な平野では上質なセモリナ粉が量産され、さまざまな形の手打ちパスタが食卓にあがる。小さな耳のような形のパスタ「オレキエッテ」とミニシェル型の「カヴァテッリ」もこの州の名物。

01 イタリアンソーセージとブロッコリーのオレキエッテ「Orecchiette Salsiccia Pugliese Broccoli Aglio」(980 B)
04

食の聖地プーリアの豊かな恵みを召し上がれ

中央のオープンキッチンで機敏に動くスタッフたち。その最前列で腕を振るうシェフの出身地はプーリア。食の 聖地として今、脚光を浴びている州だ。 その魅力をアントニオ氏に聞くと「プーリアの食材はどれも味が濃く、素材そのものの味がする。料理人にとって最 高の材料が揃っている場所です」 畑で採れた野菜、アドリア海からの魚介類、ハムやチーズ、オリーブオイル etc. 週2回、郷土よりこれら山海の幸を取り寄せる。鮮度抜群のロブスターや色彩豊かな野菜たちが、シェフの手 によって滋味深く濃密な料理へと昇華する。
パスタは、と聞くと「何と言っ てもオレキエッテ。ドライトマトやソーセージを加え、エクストラヴァージンオリーブオイルで風味豊かに仕上げれば、懐かしいマンマの味に。私の美味しさの原点です」と笑顔で語る。自然の恵みを受けたおおらかな風 土とプーリアの食文化を存分に満喫しよう。
02 カサゴとヤングベジタブルのアクアパッツァ「Scorfano」(2,200B) 03
La Scala
TEL:02-344-8888
住所:The Sukhothai Bangkok, 13/3 South Sathorn Rd.
ラ・スカラの店舗詳細

Crostini

サルディーニャ州 Sardinia Cagliari

英語のSardin(サーディン)が語源といわれるサルディニア島。いわしやロブスター、ボッタルカ(からすみ)が特産物。またやや大粒のフレーグラというパスタの名産地。 羊料理、羊乳チーズ(ペコリーノ)も特産。

01 「Pasta Spaghetti al Cartoccio」(360B)は豪華シーフードパスタの包み焼風パスタ
04

からすみと新鮮魚貝芳醇な海の恵みを味わい尽くす

チットロム駅直結の便利なロケーションに今年2月にオープンした同店。サルディーニャ島カリアリからベテランシェフ・マリオ氏を招き、バンコクでも珍しいサルディーニャの郷土料理を提供する。中でもボッタルカ(からすみ) をたっぷり使った魚介のパスタは潮の香りと海の恵みをギュッと凝縮したような豊かな味わい。ピッツァ生地で包み焼きするのがマリオ流だ。またトマトとルッコラをたっぷりのせた“ピッツア・ サルディーニャ”はフレッシュな素材とクリスピーな生地が好相性で後を引く美味しさ。前菜からデザートまで100種近くあり、豊富なラインナップが魅力だ。 ビル最上階に位置する店内で都心のナイトビューを眺めながら、地中海イタリアンをダイナミックに味わい尽くそう。
02 「Pizza Sardegna」(260B) はトマトの酸味とルッコラの香りがバランスよく調和 03
Crostini
TEL:02-639-3710
住所:4F Mercury Ville Chidlom, Ploenchit Rd.
クロスティーニの店舗詳細

最新の投稿

割引情報

割引情報を全部見る

今夜のバンめしのススメ!

circle jcb

ブログカテゴリ

割引情報

割引情報を全部見る