女心とタイの空

駐在生活お悩み相談:タイ人女性社員のケンカ仲裁のつもりが。。。

慣れない海外生活には、いろいろな悩みがつきものですよね。なかでも、妻・彼女やタイ人女性スタッフなど、女性とのコミュニケーションの問題に頭を抱えている方も多いのでは?ここでは、男女の心理に詳しい平松隆円先生が、状況を打破する方法を指南。少し心が軽くなる読む処方箋です。

オトコの駐在生活お悩み相談 その1

Q

会社のタイ人女性スタッフ同士がケンカして口もきかないので仲裁に入ったら、僕まで無視されるようになりました。どうしたら関係修復できますか?
(34歳、既婚、駐在歴10ヶ月)

A

タイ人が公の場所でケンカをするというのは、めずらしいですね 。日本人からすると、ケンカしてもいいから仕事はちゃんとしてくれって思います。そうはいかないからこそ、仲裁に入ったのだと思いますが、とばっちりを食ってしまったのですね。

どうしたら関係が修復できるか。この場合は、放っておくのが一番です。よくいわれるのは、タイ人の感情は天気と同じでコロコ ロ変わりやすいということ。恋人同士でも、 さっきまで仲良くしていたと思ったら、急にケンカをしだすし、ケンカをしていたと思ったら、急にイチャイチャしだすわけです。それがタイ人なんです。ですので、関係を修復したいと思って何か特別なことをするよりも、 放っておくのが一番ではないでしょうか。

また、これもよくいわれることですが、タイ人はタイ人同士、同性同士を信用します。たとえば、あなたにタイ人の彼女がいたとしま す。そして、別のタイ人女性と浮気をしていて、彼女にメールを見られたとします。この状況では、あなたの彼女はあなたのことよりも、浮気相手の女性のことを信用するんです。つまり、今回のタイ人女性スタッフ同士のケンカに、日本人の、しかも男性が仲裁に入ったことで、ふたりの怒りの矛先が、一緒になってあなたに向いてしまったわけです。むしろ仲裁に入ったことが、事態を悪化させてしまったともいえるでしょう。

タイ人にはタイ人にしかわからない人間関係の力学が働いています。タイ人同士が口を きかないことで業務に影響が出ては困りま すが、そうではないプライベートなケンカなら、今後は放っておきましょう。どうしても仲 裁が必要だというときには、ケンカをしているスタッフたちよりも、年長のタイ人スタッフに仲裁を頼むのが一番です。なぜ、年長なのか。タイは、完全な年功序列ではありませんが、年長者を敬う国です。年長者の言うことには従うことが多いからなんです。

今月の処方箋:
タイ人同士の喧嘩は、放っておきましょう。時間が解決してくれます。どうしても仲裁が必要なら、タイ人と同性の年長者にお願いしましょう。

平松 隆円 大学教員 / コラムニスト 京都大学研究員、国際日本文化研究センター講師、チュラロンコーン大学講師などを歴任。魅力や男女の恋ゴコロに関する心理に詳しい。現在は、タイ国立大学勤務のため生活の拠点をバンコクに移し、日本と往復しながら、大学の講義のみならず、テレビ、雑誌、講演会などの仕事を行う。 http://ameblo.jp/ryuenhrmt/

お悩み募集中!
平松先生に 相談したい方は、メールでお悩みをお寄せください。バンめし編集部(bangmeshi@gmail.com)

最新の投稿

bangmeshi-delivery

お得なプロモーション

お得なプロモーションを全部見る

今夜のバンめしのススメ!

circle taimeshi jcb

ブログカテゴリ

月間の人気記事